専門学校の授業内容

大学(場合によっては短大あり)併修の専門学校の授業について、ご説明致します。少々分かりにくいことですし、各校によっても多少の差がありますので、分かりやすい例を挙げてみます。

大学併修の専門学校に入学しますと、まずは専門学校の所属となり、その学科の授業を受け、併修のs通信制大学の勉強と並行して、専門学校で取れる資格を得るための勉強を2年間します。そして専門学校を卒業しますと専門士となり、通信制の大学の3年次に編入できるのです。つまり、4年間で専門学校卒業して得られる専門士、大学卒業で得られる学士の両方を得られるという事です。

ある学校では、大学のレポート、試験対策等は専門学校の授業でサポートしてくれるようです。そして大学は通信なので、たいていは専門学校内で学ぶことになりますから、通学は楽です。また、ある学校内には併修者のためのサポートカウンターがありますので困ったときは相談に乗る等のサポートがあります。また、トップレベルの講師陣による資格対策講座がある学校、少人数制で担任制というシステムの学校もあります。そして、ある学校は3、4年次は就職対策講座を予定しているようです。こういった様々な学び方ができる大学併修の専門学校なのです。学生が困らないように、こういった様々な配慮があるのは、学生にとっては嬉しいことですし、保護者にとっても安心でしょう。