専門学校で目指す資格

大学(場合によっては短大)併修の専門学校で目指せる資格は沢山あります。いくつか挙げてみましょう。宅地建物取引士、行政書士、公務員試験、ビジネス実務法務検定試験、簿記検定(日商、全商)、販売士検定、情報検定、ビジネス能力検定、ITパスポート試験、TOEICテストなどが挙げられます。(学校によって、異なります。)

大学併修の専門学校は大変なことも多いですが、充実感があるという事は否めないでしょうし、大学のみ、専門学校のみでは味わえない醍醐味があるのも事実でしょう。何と言いましても、専門士、学士の両方を取得できたことは人生においても大きいことですから、大学併修の専門学校で取得した大きな収穫ともいえるでしょう。それに就職に関連する資格は専門学校でしか学べないものが多いですから、大学のみに通っていた人と比べれば、その差は一目瞭然ですし、若い頃に一生懸命、勉強したことは年齢を重ねてからも役に立つことが多いのです。

就職にも有利でやりたい勉強にも打ち込めるのがこういった専門学校の良さでしょう。当サイトは大学併修の専門学校が広く知られるようになることを願います。学びと資格修得がうまく絡み合い、生徒や先生によってもよりやりやすい環境になれば、こういった専門学校にもっとスポットが当たるようになるでしょう。

専門学校の授業内容

大学(場合によっては短大あり)併修の専門学校の授業について、ご説明致します。少々分かりにくいことですし、各校によっても多少の差がありますので、分かりやすい例を挙げてみます。

大学併修の専門学校に入学しますと、まずは専門学校の所属となり、その学科の授業を受け、併修のs通信制大学の勉強と並行して、専門学校で取れる資格を得るための勉強を2年間します。そして専門学校を卒業しますと専門士となり、通信制の大学の3年次に編入できるのです。つまり、4年間で専門学校卒業して得られる専門士、大学卒業で得られる学士の両方を得られるという事です。

ある学校では、大学のレポート、試験対策等は専門学校の授業でサポートしてくれるようです。そして大学は通信なので、たいていは専門学校内で学ぶことになりますから、通学は楽です。また、ある学校内には併修者のためのサポートカウンターがありますので困ったときは相談に乗る等のサポートがあります。また、トップレベルの講師陣による資格対策講座がある学校、少人数制で担任制というシステムの学校もあります。そして、ある学校は3、4年次は就職対策講座を予定しているようです。こういった様々な学び方ができる大学併修の専門学校なのです。学生が困らないように、こういった様々な配慮があるのは、学生にとっては嬉しいことですし、保護者にとっても安心でしょう。

専門学校の仕組み

最近は、大学併修のサポートを行っている専門学校があります。一言で言ってもわかりにくいその仕組みについて、ご説明致しましょう。

簡単に言いますと専門学校と大学、短大がコラボしたようなものです。専門学校入学時に、大学か短大の通信教育課程に入学するのです。つまり、専門学校と大学(学校によっては短大もあります。)の同時卒業を目指すと言うわけです。そうなると、学生の負担がかなり大変と思われがちですが、そのあたりを考慮の上に大学側や専門学校側が作った仕組みがあります。その仕組みとですが、とりわけ負担になると思われる学生の学習のサポートを念入りにする、専門学校等の先生たちの事務的負担が軽減されるようなシステム等が整っている等、その学校なりに色々あります。このような学校は現代の日本においては画期的と言えるでしょう。

専門学校と言えば、就職に有利な資格を取って、希望の就職を世話してくれる学校というのが世間一般の認識でしょうし、大学と言いますと、専門的な勉強で知識を身に付けるところというのが世間一般の認識でしょう。その2つの良いところを取ってくっつけたのが、大学併修の専門学校と言えます。当サイトは、こういった大学、併修の専門学校にご興味のある皆様、ぜひ入学したいと思っている皆様、お子様を入学させたいと思っている親御さん方のお役に立つような情報をご紹介し、その内容をご説明致します。まずは、こういった専門学校の授業内容、そして目指せる資格について、分かりやすくご説明致しますので、ご一読下さり、ご参考にして頂ければ、幸いでございます。